脱毛と除毛の違い

むだ毛が濃いと言う悩みを解消できるのが脱毛と除毛です。
目的は同じですが、目的達成するまでの方法に違いがあるために事前に知っておきたいところです。
自宅での脱毛には毛抜きで引っ張る、ワックスで引き剥がす、家庭用脱毛器で光のエネルギーまたはレーザーを照射すると言う方法があります。
施設での脱毛には脱毛サロンのフラッシュ脱毛やニードル脱毛など、クリニックの医療レーザー脱毛があります。

脱毛に対して除毛では自宅で行うのが基本となっています。
カミソリや電気シェーバーで剃る、除毛クリームを使用すると言った方法があります。
脱毛サロンのフラッシュ脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛ではむだ毛を剃った状態で行います。
それに対し除毛ではむだ毛が生えている状態で行うと言う違いがあります。

 

チオグリコール酸カルシウム配合

除毛クリームではチオグリコール酸カルシウムと言う成分を配合しています。
チオグリコール酸カルシウムには髪の毛の主成分であるタンパク質を溶かす作用があります。
カミソリや電気シェーバーと違い、広範囲を一気に除毛できると言うメリットがあります。
足のすね毛などを手っ取り早く除毛したいときにピッタリです。
ゼロファクターの5αSVリムーバーはこの除毛クリームに該当します。
チオグリコール酸カルシウムの他にもダイズエキス、ハマメリスエキス、シラカバエキス、アロエエキス-1、クワエキス、カワラヨモギエキスなども配合しています。

 

マスキング処方で臭いが少ない

除毛クリームを使用するときに気になるのが臭いです。
特有のツンとした臭いが漂うことがありますが、ゼロファクターの5αSVリムーバーではマスキング処方を行っています。
マスキングには覆い隠すと言う意味があり、除毛クリーム特有の臭いが少なくなっています。

 

医薬部外品

ゼロファクターの5αSVリムーバーは医薬部外品に分類されています。
化粧品よりうたえる効果効能の幅が広いと言う特徴があり、ゼロファクターの5αSVリムーバーのホームページでも効果効能に除毛と言う記載があります。
きちんと効果効能が期待できる有効成分を配合しているために信頼性が高くなっています。

 

使い過ぎには注意

ただし除毛クリームの使い過ぎには注意が必要です。
それはチオグリコール酸カルシウムは肌への刺激が強いからです。
ゼロファクターの5αSVリムーバーには美肌成分や肌保護成分が配合されており、肌への刺激は弱められています。
しかし頻繁には使わないほうが良いでしょう。
プールや海に行く前の日など、特別な日に使用するのがおすすめです。

 

 

関連記事

    None Found