キミエホワイトは内服することで体の中からお肌に働きかけてしみやそばかすを改善することが認められた第3類医薬品です。
また、お肌本来の持つ回復力を高めることから、にきびや湿疹、かぶれといったお肌トラブルにも改善効果が期待できます。
このような嬉しい効果をもたらしてくれる有効成分について、具体的にご紹介します。

○L-システイン

しみやそばかすは、お肌が紫外線や摩擦などの刺激から身を守るためにメラニン色素を作り出したものがお肌のターンオーバーで正常に排出されずに色素沈着として残ってしまっている状態です。
L-システインはこのメラニン色素を作り出す働きを抑制し、さらにお肌のターンオーバーを促進することで排出を促す働きが期待できます。
このL-システインをキミエホワイトは医薬品国内承認品目の上限値である240mgも配合しています。

○アスコルビン酸

アスコルビン酸には酸化された物質を還元する力があります。
リンゴを切って置いておくと断面が茶色くなるのは酸化した証拠。
メラニン色素も酸化して茶色に見える物質なのですが、アスコルビン酸がこれを還元することで透明な物質に変えてくれる働きが期待できます。

○パントテン酸カルシウム

パントテン酸は体内で健康を維持するための代謝に必要な酵素を作る際に無くてはならない物質です。
その関わりは実に100種類以上と言われており、パントテン酸を摂取することで代謝を促進することができます。
もちろんお肌のターンオーバーも代謝の一つであるため、その効果が期待できると言えます。
パントテン酸ではなくパントテン酸カルシウムである理由は、パントテン酸のままでは液状の物質のため、錠剤として手軽に摂取できるよう粉末化するためです。

これら3種の物質が協力することで、メラニン色素の合成を抑制、既に色素沈着しているメラニン色素の脱色、メラニン色素の排出を促進という流れが作られる効果が期待できます。
キミエホワイトは体内から改善していくお薬のため、継続的な使用が望ましく、用量用法を守って摂取してください。

キミエホワイトに興味を持った方はこちらも参考にしてください⇒キミエホワイト 口コミ

関連記事